2007年02月26日

アカデミー賞はデパーテッドに

アカデミー作品賞は、マーティン・スコセッシ監督のデパーテッドに決まった。マーティン・スコセッシにとって初めてのオスカーとなる。カンヌのパルム・ドールは、1976年に「タクシードライバー」で受賞しているのに...ここらあたりが、彼の作品の特徴を物語っているのではないだろうか...。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9919/index.html
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/trend/070220_academy/index5.html
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/trend/070220_academy/
http://cinematoday.jp/page/N0010059
http://cinematoday.jp/page/N0010058

そんなわけで...

http://www.youtube.com/watch?v=Drsq_D1sUNg


http://www.youtube.com/watch?v=G4NMMa1XmkU


マーティン・スコセッシ パック「タクシードライバー」「カジノ」

マーティン・スコセッシ パック「タクシードライバー」「カジノ」

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/16
  • メディア: DVD



ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム

ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/06/23
  • メディア: DVD



ラスト・ワルツ〈特別編〉

ラスト・ワルツ〈特別編〉

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/27
  • メディア: DVD



ユー・キャン・カウント・オン・ミー

ユー・キャン・カウント・オン・ミー

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: DVD



ライトニング・イン・ア・ボトル

ライトニング・イン・ア・ボトル

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2005/09/09
  • メディア: DVD



アビエイター プレミアム・エディション

アビエイター プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: DVD


posted by yt-today at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

初心に戻って...気楽に見ようYouTube

初心に戻って...気楽に見ようYouTube

巷では...GoogleによるYouTube改革計画が進行中のようだが、まあ、今日は久しぶりなので気楽に。

詩は、第44代(2001-2002年)アメリカ桂冠詩人のビリー・コリンズ(Billy Collins)が自作の詩を朗読している。JWTwo Entertainment制作。アニメーションはJuan Delcan。


http://www.youtube.com/watch?v=iuTNdHadwbk

動画投稿の基本なのかな...。JWTwo Entertainmentは、8つほど投稿しているが、どれも興味深い作品となっている。気楽に(...?)ご覧ください。
http://www.youtube.com/profile?user=JWTNY


エミリー・ディキンスンの着衣を剥ぐ―ビリー・コリンズ詩選集

エミリー・ディキンスンの着衣を剥ぐ―ビリー・コリンズ詩選集

  • 作者: ビリー コリンズ
  • 出版社/メーカー: 国文社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本

posted by yt-today at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

コンテンツ vs 配信

次なるユーチューブ批判者は、ニューズ・コーポレーションのマードック氏
 News Corp.会長兼最高経営責任者(CEO)であるMurdoch氏は、当地で開催されたMcGraw-Hillの「2007 Media Summit」の参加者に対し、YouTubeが多大な広告収入を得られるのかどうかは疑わしい述べた。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20342734,00.htm

「なにごともコンテンツしだい」「コンテンツを持っているところが一番強い」...と言われて久しい。

実世界の販売に関しては、作る側のメーカーよりも、売りさばく側の方(しかも上位数社の)が優勢のように見えるが、ネットの世界ではどうなるのだろう。やはり、量をさばける方が優位となるのではないだろうか? まだ、この動きになっていないのは、「動画配信」がビジネスになっていないからで、ビジネスに乗った時、景色はガラリと変ってくるような気がするのだが...。それを楽しみに...?


http://www.youtube.com/watch?v=2ZvzGgW50ck


YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ

YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ

  • 作者: 神田 敏晶
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/12/16
  • メディア: 新書



メディア王マードック上陸の衝撃

メディア王マードック上陸の衝撃

  • 作者: 桂 敬一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マードック―世界制覇をめざすマスコミ王

マードック―世界制覇をめざすマスコミ王

  • 作者: ジェローム トッチリー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1990/11
  • メディア: 単行本



世界のメディア王マードックの謎

世界のメディア王マードックの謎

  • 作者: 今井 澂, 山川 清弘
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 単行本



マードック―世界のメディアを支配する男

マードック―世界のメディアを支配する男

  • 作者: ウィリアム ショークロス
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マードック「直観」の法則―こうすればリスクが成功に変わる

マードック「直観」の法則―こうすればリスクが成功に変わる

  • 作者: スチュアート クレイナー
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本


posted by yt-today at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

リーダー達が描くインターネットの将来像

最近、インターネットの世界のリーダー達の興味深い発言が続いている。

グーグルCEOのシュミット氏、インターネットの統制について講演
 ワシントン発--Googleの最高経営責任者(CEO)であるEric Schmidt氏が想像する、悪夢のインターネット将来像とは次のようなものである。膨大な数の人々がますますオンライン接続するようになるにつれ、個人情報が悪用されることに「過度に敏感な」権力者らが、ウェブを厳格な規制で抑圧し、息がつまるような世界だ。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20342516,00.htm

「レコード会社はDRMの放棄を」--アップルのジョブズCEOが公開書簡

 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は米国時間2月6日、公開書簡を通じ、デジタル著作権管理(DRM)技術を放棄するようレコード会社各社に呼びかけた。Jobs氏が公開書簡を出すのは珍しいことである。

 Jobs氏は、「すべてのオンラインストアが、オープンでライセンス可能なフォーマットにエンコードされたDRMフリーの楽曲を販売する世界を想像して欲しい。このような世界では、すべてのプレーヤーがすべての店舗で購入した曲を再生でき、すべての店舗がすべてのプレーヤーで再生可能な曲を販売できる。これが消費者にとって最良の選択肢であることは明らかであり、Appleもこの選択肢を支持する」と書いている。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20342506,00.htm

2人に共通しているのは、インターネットは平等で自由であるべきという基本的な考え方を持っているという事ではないだろうか。

彼らの世代が、そうした思想を共有しているということもあるのだろうが、一方、インターネットを核としたビジネスの世界で、圧倒的な成功を収めている人たちの考えとして聞くならば、新しいビジョンを示し続けてきた者のモチベーションの源であり、自信の現れとしてみることもでき、興味深い。


http://www.youtube.com/watch?v=88-vL6da0r8
posted by yt-today at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

YouTube、JASRACと交渉開始

YouTubeのCEOらが来日、違法動画対策を約束 技術面でGoogleが協力
YouTubeのハーリーCEOらが来日し、JASRACらと会談。日本語注意文の掲載を約束したほか、Googleの協力を得て技術的に根本的な対策を行うことも検討するという。

 YouTubeに違法にアップロードされた動画をめぐり、日本の著作権者団体がYouTubeに対し違法動画への対策を強く求めている問題で、YouTube幹部が来日し、権利者団体らと2月6日に対応を協議した。

協議内容について会見するJASRACの菅原瑞夫常任理事
 来日したのは、YouTubeのチャド・ハーリー最高経営責任者(CEO)とスティーブ・チェン最高技術責任者(CTO)、Googleのデビット・ウン副社長(コンテンツ提携担当)。

 協議自体は非公開だったが、協議後に権利者団体側が内容を明らかにした。

 それによると、日本音楽著作権協会(JASRAC)やテレビ局など23団体・事業者の代表はYouTubeに対し、改めて著作権侵害行為を未然に防止するための具体策実施を要請した。

 これに対しYouTubeは、ユーザーがアップロードする際の画面の「違法なコンテンツをアップロードしないよう」日本語で表記することについて、早急に対応することを約束したという。

 またGoogleの協力も得て、技術的に著作権問題を根本的に解決するための努力を行うことも表明したという。今後、YouTubeと権利者側は継続的に協議を行っていく。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/06/news065.html

このニュースどうなんだろう? 詳しい事が書かれていないので何とも言えないが、顔合わせ的なものなのだろうか? もっと踏み込んだ議論を期待していたのだが、肩すかしをくらった感じだ...まあ、はじまったばかりだが。

昨日の記事にも書いたように、Googleの交渉能力が問われる時期に来ていると思う。

交渉力次第で、不可能と思えた事が、現実になる事だってあるんだから...。


http://www.youtube.com/watch?v=X75XahmP3x8
posted by yt-today at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

MTVがYouTubeから消える...Googleの交渉力

Viacom(バイアコム)の要請によって、YouTubeは、MTV Networks、Comedy Central、BET、VH-1などをはじめとするViacomが所有する番組の動画10万本以上について、削除の合意をしたという。

バイアコム、YouTubeに動画の削除を要請

 Viacomは米国時間2月2日、同社傘下のテレビネットワークからコピーされた不正コンテンツすべてを、動画共有サイト「YouTube」から削除するようYouTubeに申し入れた。

 Viacomは声明の中で、「YouTubeおよびGoogleと数カ月間話し合いを続けた結果、YouTubeは、同社のユーザーがViacomのコンテンツを利用できるような、公正な市場合意を望んでいないことがはっきりした。両社が繰り返し提供を約束しているフィルタリングツールはいまだにリリースされないし、現在も膨大な量の著作権を侵害した動画の掲載と配信を続けている」と述べた。

(中略)

 Viacomによる削除要請は、YouTubeに掲載されている動画に広告が埋め込まれているようだと、CNET News.comが報じた後に行われた。あるYouTubeユーザーが、著作権で保護された動画をGawker Mediaが運営するウェブサイトの広告で挟み込んで、繰り返しアップロードしていたのである。Gawker Mediaのオーナーで設立者のNick Denton氏は2月2日、動画を投稿していた人物は同社従業員であると認めている。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20342281,00.htm

この記事によると、ビデオがYouTube に掲載される事より、Gawker Mediaを利用した広告が埋め込まれる事に問題があるように感じるのだがどうなんだろう?

しかし、こうしたメディアとの交渉が、うまくいっていないとするならば、ちょっと残念だ。Googleが交渉相手にビジネスモデルを提示できなければ、YouTubeの存在そのものに疑問符が付いてしまうかもしれない。


http://www.youtube.com/watch?v=iHNTYAt4PFQ
posted by yt-today at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

姿を見せ始めたGoogleのYouTube

Googleのビデオ戦略が姿を見せ始めた。YouTubeとのコラボも進行しつつある。SNS/SMSとビデオ...mixy(ミクシィ)も進めようとしているが...どちらに軍配があがるのだろうか。

動画からスタートするGoogle&YouTubeか...SNSからスタートするmixyか...検索を押さえているGoogleが有利? Mixyの次の一手に興味がある。

とはいえ、Googleは日本語ページを用意してほしい...勝負はまだ先か?

GoogleのSNS「Orkut」にYouTubeのビデオを共有する新機能
GoogleのSNS「Orkut」に、ビデオ再生機能が追加された。YouTubeやGoogle Videoのビデオクリップを友人と共有できる。

 米Googleは2月1日、同社のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Orkut」にYouTubeとGoogle Videoのビデオを自分のページで再生できる機能を追加したと公式ブログで発表した。気に入ったビデオクリップを自分のページに掲載し、プレイリストにすることができる。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/03/news001.html

GoogleのSNS「Orkut」にSMS機能
GoogleのソーシャルネットワーキングサービスOrkutに、SMS機能が追加され、携帯端末からもメッセージの送受信が可能になる。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/31/news008.html

Google Video検索結果にYouTubeビデオも表示
Google Videoの動画検索結果に、YouTube内のビデオも表示されるようになった

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/26/news021.html



http://www.youtube.com/watch?v=RbXpcghg4JA
posted by yt-today at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

YouTube-TV-CM=時間

限られた時間を何に使う?
YouTubeのヘビーユーザーは、テレビの時間を削っている。...だから?
限られた時間とはいえ、余った時間。これまでテレビに費やしていた時間の行き場が変ったということ。インターネットの普及時にもよく言われたことだ。

でも、テレビ界、CM界の人たちにとっては複雑な思いだろう。

YouTubeユーザーの3分の1が「TV視聴時間が減った」――米調査
YouTubeを頻繁に見る人の3分の1は以前よりテレビを見なくなったとしている。また、4分の3はYouTubeに広告が挿入されたら今より見なくなると回答した。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/31/news011.html


http://www.youtube.com/watch?v=adC5kYbW6JY


テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0

テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0

  • 作者: Joseph Jaffe
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2006/07/22
  • メディア: 単行本



インデックス・ティービーレボリューション―世界初24時間インターネットCM専門放送局

インデックス・ティービーレボリューション―世界初24時間インターネットCM専門放送局

  • 作者: 佐藤 猛
  • 出版社/メーカー: インターメディア
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by yt-today at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

自費出版への道

手軽に本を作れる時代がやってきた...ただしアメリカでの話。
日本でもこうしたサービスが、もっと手軽にあってもよいのでは。
日本にも、blogを本にするサービスはあるが、デザインの豊富さなど、選択の自由度がまだまだ少ない。

YouTubeの画面を見る限り、なかなか心引かれるものがある。

「自費出版は損をする」はもう古い--誰でも簡単、オンライン出版
 2007年の今なら、Kreuter氏はこうすればいい。この本をオンラインで自分で作成する。この本は144ページのハードカバーなので、1部当たり39.95ドルで製本を発注する。または数量割引の利く大量発注を行う。価格を自分で決め、販売する。発送と請求を行う。これらすべてを、「Blurb.com」に任せる。

 Blurbのサービスにより、コンピュータを使える人なら誰でも自分で本を作り、本格的な印刷物に仕上げることができる。まず同社のサイトから「BookSmart」という無償ソフトウェアをダウンロードする。このソフトウェアを使えば、デザインの素養がない人でも簡単にページをレイアウトし、背景色やフォントを選択し、写真を編集できる。デザイン用テンプレートは、プロのブックデザイナーによるものだ。

(中略)

 米国出版社協会(Association of American Publishers:AAP)の会長兼最高責任者で元下院議員のPat Schroeder氏によれば、既存の出版各社は、オンラインでのオンデマンド印刷の台頭に脅威は感じておらず、むしろデジタル化の波に乗りたいと思っているという。「出版各社は、印刷機や製紙会社やインク会社を所有しているわけではないし、倉庫と流通を伴うビジネスから大喜びで手を引くだろう」とSchroeder氏は言う。「だから今、経費をどんどん抑え、出版事業の効率を向上させることを目指し、すべてをデジタル化しようとしている。ただ、まだそれは達成されていない」(同氏)

 サンフランシスコの写真家Christopher Irion氏は、Blurbを利用して、衣装を着せたペットの写真を「Farley's Pet Parade」という本にまとめた。彼は、写真を本にするAppleのiPhotoサービスをはじめ、他社の選択肢も比較検討した末、Blurbを選んだ。「アーティストとしては、iPhotoサービスの写真レイアウトとサイズ変更の機能は貧弱と言うしかない。しかも値段がずっと高い」と同氏は話した。

 Irion氏が費やした時間は、本を作るのに6時間、データをBlurbにアップロードするのに1時間半だったという。

http://japan.cnet.com/special/media/story/0,2000056936,20341864,00.htm

◆Blurb.com
http://www.blurb.com/



http://www.youtube.com/watch?v=-5n1Yeq34Eo


ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方

ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方

  • 作者: 佐藤 英典
  • 出版社/メーカー: 太陽出版
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本



38万円で本ができた―個人出版がおもしろい

38万円で本ができた―個人出版がおもしろい

  • 作者: 両国の隠居
  • 出版社/メーカー: 太陽出版
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本



リトルプレスの楽しみ

リトルプレスの楽しみ

  • 作者: 柳沢 小実
  • 出版社/メーカー: ピエ・ブックス
  • 発売日: 2006/01/18
  • メディア: 単行本



個人出版(自費出版)実践マニュアル〈2007年版〉

個人出版(自費出版)実践マニュアル〈2007年版〉

  • 作者: 高石 左京
  • 出版社/メーカー: 太陽出版
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本


posted by yt-today at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube-ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。